世界を目指すために

コンクールやオーディション、舞台でより良い表現をするための方法をお伝えします。

内容は受講者の課題により変化しますが、基本的には音楽理論から身体の使い方、角度の整理、そしてストーリーと音楽表現、リズムとメロディライン、フレーズに対してどのように振り付けがなされ、踊るべきかについてお伝えします。

 

僕がお伝えするのはコンクール一位になるための方法ではありません。

その先にある世界で活躍するダンサーになるための技術です。

 

レッスンでは特に従来「センス」とされ、教わることの出来ないものとされてきたことに対してそれが先天的なものではなくちゃんと指導を受け、訓練し続ければ成し得るものであることを知ってもらえたらと思います。

何度練習しても上手くいかない、壁にぶつかっている子どもたちのサポートが出来ることを願っています。 

 

現在通われているスタジオでのレッスンをフォローする塾のような位置付けでのレッスンを提供しておりますので、どなたでも受講して頂けます。

基本的にプライベートレッスン、ヴァリエーションコーチングを行っておりますので、お気軽にご相談ください。