ジュニアバレエクラスについて


日曜日朝のジュニアバレエクラス。

 

このクラスではこれからバレエダンサーを目指したいと考えているお子様から、楽しくバレエを習いたいと考えるお子様までを対象としています。

とても幅広く感じるかも知れませんが、どのお子様にも共通していることは「知りたい」という想いです。

そしてこのクラスは、その「知りたい」ということに対して講師2人で全力投球でお伝えするという僕自身の挑戦でもあります。

 

お子様のバレエプライベートレッスンを長くさせて頂いてきた中で、クラスレッスンだからこそお伝え出来ること、プライベートレッスンだからこそお伝え出来ることと、一長一短があり、その2つを上手く合わせることが出来ないかと考え、「少人数制・講師二名」というクラス形式にしました。

この形式はバレエスタジオというビジネスモデルで考えるならとても効率の悪いものかも知れません。

ですが、今まさに成長しようと日々変化するお子様の身体のこと、お子様のバレエへの想いを考えるにあたり、経済的なことよりも教育という面で、クラスに参加されるお子様と向き合う時間を持つことが大切だと感じ、このような形式で行うことに致しました。

 

成長期のお子様にとって、クラシックバレエという無駄のない型にはめてしまうことが時として負担となり、心身の健康と成長の妨げとなることがあります。

特に身体のアライメント、静的、動的姿勢は成長期を終えたその後の人生にも大きく影響を与えます。

必ずしもクラシックバレエの姿勢が良いとは限りません。

あくまでもバレエを踊る為に必要な姿勢や筋力、動作を作り上げることが目的であり、健康になることを目的としてクラシックバレエが生まれた訳ではないからです。

ですので、クラスでは少人数制であることに加え、日曜日クラスでは講師2人で見させて頂くことで、より細かく一人一人の身体の癖とも向き合いながら、その子にあった指導をしていきます。

 

さらにこのクラスで大切にしていることはお子様のバレエとしっかり向き合い、見つめる親御様の存在です。

お子様のバレエへの想いを応援したいと考える親御様に、レッスン中に起こっていること、求められていること、身体の動き、バレエとは何なのか、そのことをお子様と共に共有し、成長していく姿をぜひ見て頂きたいと考え、レッスンの見学をオープンにしています。

もし可能であれば、一緒に体幹トレーニングなど、ご自宅でもお子様にとってのトレーナー兼マッサージ師になれるようご一緒にエクササイズを体感して頂きたいとも願っています。

 

ご参加くださっているご家族様のお子様への温かな想い、お子様のバレエへの真剣な想いや姿を見ていると、とても重い責任を感じますが、続けていくとそこに着実な上達があり、講師としても毎回のレッスンがとても楽しい時間となっています。

家庭や学校というコミュニティに加え、バレエ教室という新しいコミュニティの中で、様々な環境、地域、年齢の人達とバレエという美しい伝統芸能を通して繫がることは、お一人お一人のこれからに人生にも貴重な体験と経験になることと想います。

 

お子様の健やかな成長とバレエの上達、何よりもバレエがもっともっと大好きになってもらえるようにと心から願って。