· 

ダンサーと怪我

今日のクラスでは怪我についてお話をしました。

 

怪我はダンサーにとって避けられない現実の一つかも知れません。

ダンサー自身がしたくないと思っても、様々な理由で怪我をしてしまうことがあります。

ですので、避けられる怪我については可能な限り避けていくのが得策です。

例えば身体の使い方はそのうちの一つでしょう。

踊っていて身体が痛くなるとしたらその原因はいくつかあります。

例えばオーバーワーク。

どんなに素晴らしいボディコンディショニングであってもそれを長時間繰り返し行うならばそれが原因で身体を痛めることもあります。

ですので、ボディコンディショニングでもないダンスを長時間繰り返し行うならば身体を痛めて当たり前です。

さらに身体の使い方自体が悪いとしたら身体を痛めるのは決定的でしょう。

ですので、ダンサーが積極的に出来ることがあるならば正しい身体の使い方を習得することと、練習することに対して量ではなく質を求めていくこと、計画的に行っていくことになるかと思います。

この点はダンサー自身が考えていくには限界があるので、教師やトレーナーと相談しながら行うのが良いでしょう。