· 

バレエのためのインテンシブコース四日目♪

インテンシブコース4日目をありがとうございました!

 

今日最初は毎日行っている足裏のエクササイズに加え、足を柔らかくオープンな足にするためのマッサージとパラレルやターンアウトした際のロールインからの膝の捻じれや股関節の怪我を予防するためのチェック方法をお伝えしました。

 

次に内転、内旋筋、外転、外旋筋のトレーニングと足を真っ直ぐに保ち股関節を可動しながら行う外転筋のエクササイズを行いました。

内転筋のトレーニングは良く見ますが、外転筋のトレーニングは意外に難しく、正直とても効果があるのですが、その効果を得られるエクササイズもあまり多くありませんが、骨盤の安定と軸の安定、そして腰や膝の負担の軽減に繋がりますので、ぜひ普段から行ってもらいたいと思います。

ついでに上半身、一番上の引き上げについてお伝えしましたが、バレエをされる方はこの一番上の引き上げを最も最初に知った方が良いと思います。

引き上げやスクエアについてはパターンがいくつかありますが、ここが分かると足も軽く、軸も作れ、バランスも簡単に取れるようになりますので、ぜひぜひ覚えてもらいたいです。

 

次に腸腰筋についてエクササイズとストレッチとを行いました。

腸腰筋にアプローチするにはお腹、腹筋を柔らかくしておく必要がありますが、そこは呼吸の仕方がとても大切になりますので、その点も引き続きお伝え出来たらと思っています。

腸腰筋もキャッチーな言葉ですが、とても難しいですね。

腸腰筋を使えるようになるとどうなるか一度体験出来れば良いのですが、外転筋同様意外に難しいものです。

でも出来ると身体、足が軽くなり、足の上げる高さも抜群に変わります。そしてやはり腰の負担が減りますので、ぜひ覚えてもらいたい部分です。

最後はスパイラルツイストとターンアウトについてお伝えしました。

今までを合わせた状態からさらに股関節、脚を自由にするための身体の使い方になりますが、これを行うとアラベスクはもちろん、脚を振り回す際の可動域が格段に変わります。

先日の菅井円加さんのワークショップの際に菅井さんもおっしゃっていた身体の使い方ですが、これもぜひ皆さんに知ってもらいたいですね。

一つひとつ身体の使い方を知ることでより大きく踊れるようになるだけでなく身体を痛めないで踊れるようになりますので、皆さんもぜひコースやクラスに参加してみてください。

明日は最終日!

朝は雑誌の特集記事の撮影を行います。

より良い情報を皆さんにお届け出来るよう頑張りたいと思います。

雑誌の詳細は明日お伝えします♪

 

https://www.hiroki-nakatani.com/ws/balletintensive/