· 

バーレッスンを見直そう!

バーレッスンを見直そう。

 

クラシックバレエやクラシックバレエをベースにしたダンス、またはバーレッスンを行うダンスクラスを含め、パフォーマンスの向上やそれに向けたトレーニングをバーレッスンの中で成立させるにはバーレッスンの意味をより深く理解する必要があります。

今までの常識や慣れでバーレッスンを何となく行っている場合も多く、仮に考えてレッスンを行っている場合でも本当にそれが有効かどうか検証出来ず情報を鵜呑みにして行っていることもあります。

 

改めてもう一度改めてバーレッスンの意味、アンシェヌマンの意味、身体の使い方や音楽を使ったトレーニング方法、表現の仕方を勉強することでバーレッスンを最高のトレーニングに変化させることが出来ます。

それには、そもそもなぜバーが必要なのか、なぜ音楽が必要なのかといった根本的な部分から考え直してみることが重要です。

それを考えたことのあるダンサーは海外で踊っているダンサー含め以外に多くありません。

一つ一つの意味を考え、身体で体感出来ると毎回のバーレッスンが最高のダンサーを作り出す為のトレーニングに変わります。

 

なぜこれだけ毎日レッスンしているのに上達しないのか。

レッスン量が足りないのか、ストレッチや体幹トレーニングが足りないのか。

でも本当はバーレッスンの意味を理解していないから、だったりします。

 

パフォーマンスの向上を目指し、現在受けているレッスンとは別に新しく何かトレーニングを行うことももちろん大切ですが、そもそもいつも行わなければならないバーレッスンそのものを変えてしまうことがお金や時間を含めとても効率的ですのでオススメします。

 

何を行っているか知ることが出来るとバレエのレッスンがとっても楽しいものに変わります。

グループクラスはもちろん、プライベートレッスンでもじっくりお伝えしていきますので初めての方からプロダンサー、教師の方までお気軽にご相談ください。