· 

歩く

立つ、歩く、しゃがむ。

 

人として大切な動作はバレエダンサーにとっても大切な動作です。

この動きこそ基礎と呼ぶでしょう。

この基礎の上に様々な動作が展開されていきます。

 

立つ、しゃがむ。

 

これは数多く練習している動作ですが、なぜか「歩く」という動作が欠けています。

レッスンでは練習することなく、急に舞台となると出て来るものでもあります。

でも歩けなければ踊ることは出来ません。

普段のレッスンで歩くことを教えてもらう機会はありませんが、踊る上でとても重要な動作です。

 

ステップを踏む。

それこそがダンスであり、それこそが歩くことですが、歩けると本当にダンスが楽しいです。

音楽に合わせて歩くこと。

足裏に音が流れることを感じた時の喜びを引き続き多くの方とシェアしていきたいと思います。