· 

AcousticBodyRecordという試み

大きな音、小さな音
高い音、低い音
速い音、遅い音
重い音、軽い音
広い音、狭い音

それは光も同じ

それらをどのように身体で感じるか
それらを感じ、現す為の訓練を行うこと

いわゆる音が消失した中にも音が存在すること
そしてそこに音楽が流れる

光は消えてもそこにある存在は在る、または無い

聴こえているから、見えているから在るのでは無い

でも確かに在る気がする

その気の存在

それらをどのように身体で感じるか
それらを感じ、現す為の訓練を行うこと

AcousticBodyRecordという試み