2月の大阪studio timeblueさんでのWS二日目♪

大阪二日目クラスをありがとうございました。

 

お昼のクラスではつま先、足について。

アキレス腱を縮めずにつま先を伸ばす為のトレーニングと軸足足裏の為のトレーニングをお伝えしました。

「アキレス腱を縮めないで」、「アキレス腱を長く使って」という注意は比較的多くレッスン中に言われることですが、ではどのようにすればアキレス腱を縮めずに足首を伸ばすことが出来るかについてはあまり教わる機会がありません。

脹脛の筋肉の問題でアキレス腱が筋張って固くなってしまうのですが、その筋肉を使わずに足首、つま先を伸ばす為のトレーニングを行うことで簡単にアキレス腱を緩め細い足首のままでいられるようになります。

また足裏のトレーニングというとタオルギャザーというトレーニングが一般的だと想いますが、クラシックバレエの場合は足指を長く美しく使いたい為少しトレーニングの仕方が変わります。

指が丸まってしまうことでアーチが落ちてしまうことにも繋がりますし、膝が伸びない原因も足裏が使えていないことであったりしますので引き続きダンステクニックに適した形での足裏のトレーニングをお伝えしていきたいと想います。

 

足裏の後はターンアウト、ロンドジャンブについて。

よくアラスゴンからデリエールに向かう際にターンインし易いですが、その点について確実にターンアウトしていく方法とその他のポジションにおいてもターンアウトとつま先を維持する為の練習法をお伝えしました。

個人的に大切にしているのはエクササイズの再現性ですが、どれも自分一人で簡単に出来るとても単純な方法で今以上に美しくしっかりエクササイズ出来るようになりますので、ぜひ覚えていってもらいたいと想います。

ロンドに加え、リンバリングについてもお伝えしましたが、バーレッスンの一つ一つの種目は何の目的で行っているか、それが何に繋がるかについての理解を深めることで、バーレッスンというとても重要なエクササイズシリーズの効果を最大限活かすことが出来るようになります。

反対にそれを知らないでバーレッスンを行うことはとても非効率的であり、本来の効果を発揮出来ないだけでなく、ただ疲れるだけで全く意味を成さないものにもなってしまいます。

特にリンバリングについてちゃんと説明が成されることは少ないと想いますが、非常に良いエクササイズですので、何となく行うのではなくしっかり意識してエクササイズしてもらえたらと想います。

 

ダンサーは基本的に受け入れるばかりでそれがなぜそうなのかについて疑問に想ったり、それを解決したりすることがありません。

何故なら教師に否定をされてしまったり、それを深める為の時間を持っていないからです。

なぜバレエのレッスンがあのような形に落ち着いたのかについての答え自身が持っているかどうかは非常に大きな問題です。

知っていて行う、または行わないのと、知らないでただやってる、またはやっていないのでは全く訳が違います。

同じ時間数過ごしていてもそこから作り出されるものは次元の違うものになることは誰でも簡単に想像出来ると想います。

 

自分の行っていることの意味を知ることが何よりも大切で、自立したダンサーを育ていることにも繋がると考えていますので、引き続き僕自身も深めながらお伝えしていきたいと想います。

 

そして午後からはジャンピングボードを使ったプライベートレッスン。

ジャンピングボードはバレエに限らずではありますが、クラシックバレエ的に考えるととても分かり易く、行った本人の感覚としても見た目としてもすぐに効果の出る優秀なマシンです。

僕自身もこのマシンを使うことでバレエの体幹、どこを使いどこを使わないのかについてかなり整理することが出来ました。

体幹といってもその定義は各メソッド、個人で驚くほど変わりますが、今整理しているたった2つのこと(実際は1つですが)を意識するだけで動作を全てコントロール出来るようになります。

もちろんその部分は使い続けてしまうのでケアも必要になってくると想いますが、バレエ教師達がなぜ「引き上げて」、「胃を閉じて」、「肋骨を下ろして」等の注意をするのか良く分かると想います。

今回はさらに体幹とターンアウトの繋がりについてもお伝えしました。

「螺旋構造から紐解く体幹とターンアウト」というタイトルになるかと想いますが、やはり考え方を整理していくことで何を行うべきかクリアになるので迷う必要もなく集中して取り組めるようになりますね。

個人的にももっともっと洗練させていきたいと想いますが、この理論が分かるとターンアウトはもちろん、アラベスクやアチチュードをはじめとしたパやフェッテ等のテクニックも含め、全てのことへの視界が開けると想います。

この理論に関してはジャイロトニックを使うことで深めていけるのではと予想していますので、5月からはじまるジャイロトニックのセッションもぜひ期待していてください。

 

ジャンピングボードの面白いところは今回も行いましたが、ピルエットやジャンプといったパの動作中のズレを直接直していけるところです。

クラス中では回転している最中やジャンプしている最中に何が起こり、どうズレているかリアルタイムに正確に把握することはほぼ不可能ですが、ジャンピングボードを使うことでそれが明確に分かります。

今回は回転中に体幹がどのようにズレるか、またジャンプ中の脚と体幹のズレ、なぜ腰が引けるかについて徹底的にエクササイズを行っていきました。

エクササイズ後のそれぞれの動作がまるで変わるので本当に素晴らしいマシンだと想います。

ここで得た感覚やポイントは再現性の高いものでもありますので、ぜひ覚えて日々のレッスンに活かしてもらえたらと願っています。

 

そして夜のクラスではジャイロキネシスアプレンティストレーナーの方々も参加してくださり、ジャイロキネシスについて深める時間を皆さんと過ごしてみました。

ジャイロキネシスのいくつかの呼吸法、レッスンの仕方、来てくださっている方々へのエクササイズの伝え方、またトレーナー自身が苦手なエクササイズと気持ち良く付き合っていく為の方法、そして僕自身が考えるジャイロキネシスに流れるアーティスティックで人間愛に溢れた時間についてアイデアをシェアしました。

 

ジャイロキネシスはとても不思議なメソッドです。

いわゆるトレーニングトレーナーやピラティス、その他多くの資格と比べ、曖昧な点が多く、勉強をすればするほど訳が分からなくなりがちです。

この曖昧さが僕がジャイロを好きな理由の1つですが、これは合う人と合わない人の差がとても大きく出ると想います。

何か明確な答えが欲しくてこのメソッドを選ぶとしたらきっと裏切られるでしょう。

このメソッドには明確な答えが存在しないからです。

明確な答えがあるとしたらただ1つ。

このメソッドを作ったジュリオ・ホバスという方の中にあります。

それ以外の人間にとっては彼がなぜこのようなメソッドを作ったのか、このエクササイズにはどんな想いが込められているのかについて思い巡らせることしか出来ません。

明確な答えがない。

それはアートと一緒です。

ジュリオがバレエダンサーとして活躍した後、ヨガの体験を経てこのメソッド作った背景があるように、このメソッドはただのエクササイズではなく、アートだと僕は想っていますが、この作者の想いを想像し続ける、また作者の作った世界を通して人間について考え続ける旅こそがこのメソッドの最大の面白さであると感じています。

 

「大切なものは目には見えない」

 

だからこそ続けていけるのだと思います。

ジャイロキネシスには振付というものが存在しますが、それに囚われ、縛られることなく、この広く魅力的な世界を駆け巡る旅をトレーナー自身、そして来てくださった方々と一緒に楽しめるようになってもらえたらと願っています。

 

来月は15日、16日、17日と3日間WSを行いますが、今回の気付きをまた東京で深めてきますのでどうぞご期待ください。

ジャンピングボードは大阪限定とも言える内容ですので、ぜひ皆さんトライしてみてくださいね。