ジャイロキネシスとダンサー

ジャイロキネシスの面白さは単なるエクササイズに終わらないことにある。

それ自体がダンスであり、そこで得る体験は一人歩きしていけるものである。

ダンサー、またはそれを目指す者にとって身体で表現するとは何かを自問自答する為のツールにもなる。

ただし、メソッドに使われるのではなく、使うことが大切です。

ダンサーにとってメソッドはゴールではなく、ゴールを目指す為の一つの道具でしか無いのだから。