大阪studio timeblueさんでのジャイロキネシス&バレエWS三日目♪

大阪天神橋にありますstudio timeblueさんでのジャイロキネシス&バレエクラス三日目をありがとうございました。

 

今日はアームスや上体の使い方、身体を解すことについてご要望を頂いたのでそんな内容で行ってみました。

ジャイロキネシスにはハンズオンというトレーナーがクライアントの方の動作をガイドし、サポートするテクニックがあるのですが、自分ではない他の人の身体に触れることで多くの気付きがあります。

今日は二人一組になって互いにハンズオンしながら肩甲骨や背骨の動き、呼吸と広がりを感じつつ、クラシックバレエのアームスの作り方を一緒に体感してもらいました。

自分自身の腕の長さにビックリされたと想いますが、大切なことは何か特別な秘技のようなものを行ったのではなく、そもそも腕は長いのだということに気付いてもらえたら嬉しいです。

それが例え今日初めてバレエを行うとしても、バレエの美しいアームスを作ることが出来ます。

とってもシンプルなことですが、それを知るか知らないか、その差は大きいですよね。

 

身体の使い方については、人に優しくなること、人の身体に思い遣りを持てるようになることで自分の身体にも優しく、思い遣りも持つことにも繋がっていきます。

相手の身体を通して再現出来た感覚や形は自分の身体にもしっかりと返ってくることも実感してもらえたと想います。

相手の身体を触りながら、何が心地良くて、何が心地良くないのか。

また、骨や関節、筋肉や皮膚の感触を通して、身体がどのように動いているのか、そのラインや方向にも気付くことが出来たのではないかと想います。

 

今日お伝えした内容は僕自身が大切にしていることでもありますし、身体を動かす際にとっても重要なことですので、ぜひ覚えておいてもらえたらと想っています。

そしてまた今日のような優しく穏やかな時間を一緒に過ごせたらと想いますので、引き続きどうぞよろしくお願いします♪