日曜日原宿バレエスタジオクラス

日曜日朝のジュニアバレエクラスをありがとうございました。

 

今日は引き上げとターンアウトについて身体の使い方を確認し、ジャイロキネシスのチェアパートを行ってからバレエクラスへ。

バーレッスンではバレエで怪我をしない為にバレエの基本となる身体の使い方をじっくりレッスンしていきました。

 

成長期のお子様にとってクラシックバレエはハード過ぎる運動です。

特に最近は舞台に上がる機会も多く、基本的な身体の使い方を学ぶ前に負荷の高い運動を反復させてしまうことが怪我の原因であると想いますが、成長期特有の障害や骨折等の大きな怪我も含め、大好きなバレエで一生残る怪我をしない為にも基本的な身体の使い方や身体を痛めてしまうバレエの動き方についても引き続きお伝えしていきたいと想っています。

結局のところバレエ教師はその子の身に何かあったとしても一生の面倒は見ることは出来ないので、そのことも踏まえながらその子の未来に対して無責任にならないよう注意して指導していきたいと想います。


ジャイロキネシス&体幹トレーニングクラスでは、ジャイロキネシストレーナーの方、プレコースを終了したばかりの方も交え、ナローとフィフスラインについて二人一組で確認し、チェアのパートで伸び伸びしつつ、締めつつ行いました。

身体の繋がり、強さを作っていくのがジャイロキネシスメソッドのテーマでもありますが、繋がりとは?強さとは?と、どこまでどうして良いかも難しい部分です。

お一人お一人に必要な強さをグループセッションにおいてもお伝えし求めていけるよう引き続きエクササイズ出来たらと想っています。


本日最後のバレエ&ピルエットクラスでも最近行っている二人一組で引き上げやターンアウトについて確認するアンシェヌマンを行いました。

他の方の身体に触れることで、自分の中にも起こっているズレやブレに気づくこと、そして良い身体の使い方、方向を明確に覚えることにも繋がりますので、引き続き行っていきたいと想っています。

バーでのストゥニューに加え、ピルエットから降りる為の練習、そしてセンターでのシェネとピルエットに必要な要素について今日はお伝えしました。

こちらの内容は引き続き行っていきたいと想っていますので、今日ご参加の方は忘れずに、まだ参加されていない方は楽しみにしていてください。


来週は台先生によるジュニアバレエクラスのみとなりますが、また再来週から通常通り行いますので、お気軽にご参加ください。