8月28日ワークショップ in 名古屋!

8月26日に東京バレエ団の先輩でもあり、現在フロアバレエ教師として全国を飛び回り活躍されています佐々木達也さんとのコラボレーションWSを名古屋にて開催することとなりました。


今回は「ジャイロキネシス」、「ピルエットクラス」の2クラスを担当致します。


最初に行う「ジャイロキネシス」では、コンディショニングメソッドとしてのジャイロキネシスの存在感はもちろん、ジャイロキネシスとバレエの繋がりを分かりやすくお伝えしていきます。

ジャイロキネシスの特徴は「パーツを強化するに留まらず、全体の繋がりを作っていくこと」にあると想いますが、それを応用し、バレエにおける引き上げ、そして股関節のターンアウトと足元からのスパイラルが上半身、アームスにまで及ぼす影響についてもお伝え出来たらと想っています。


次に行います「ピルエットクラス」では、東京でも毎回キャンセル待ちが出るほどに好評を頂いているクラスですが、今回は名古屋にて初披露させて頂きます。

こちらのクラスはバレエ専門トレーナーとしての知識や経験を活かし、ピルエット、回転について分析し、バーレッスンやセンターのパで何を大切に練習すれば良いか、イメージではなく、現実に起こっていること等を整理し、着実に上達していく為の方法をお伝えしていきます。


そして個人的に考える重要な考え方「練習は量ではなく質であること」をお伝え出来たらと想っています。


通常疲れた身体を癒すこと、偏った身体を整えることをコンディショニングと呼びますが、そもそも身体に負担をかけるテクニック習得までの練習の量や時間を減らすことが出来ればケアをする時間も短縮され、怪我の予防に繋がるのではないでしょうか。

行き当たりばったりの練習やその練習量ではなく、ポイントを整理して効率良く練習し、テクニックを可能な限り最短で習得することで身体の負担を減らすことがコンディショニングコーチであり、バレエ専門トレーナーとしての仕事であると考えます。

この考えはフロアバレエにおいて強く打ち出されている部分だと想いますが、今回の勉強会にてアイデアをシェアしていけたらと想っています。


お時間が許す限りご参加くださった皆さんの想いにお応え出来るようお伝え出来たと想っていますので、この機会にぜひお気軽にご参加ください。


初めての名古屋でのクラスにて、皆さんにお逢い出来ますことを楽しみにお待ちしております。



お問い合わせ・お申し込みはBASさんホームページよりどうぞ!

http://www.barreausol.net/news.html