· 

Ballet du Cielさんでのジュニアジャイロキネシスクラス Vol.17

Ballet du Cielさんでのジュニアジャイロキネシスクラスをありがとうございました。


今日はストレッチポールを使ったバランストレーニングから。

どんなに筋力トレーニングを行っても、それをコントロールする感覚がズレていたらせっかくの筋力も使いこなせません。

反対にズレているのでどんどんそのズレが大きくなっていき、最終的にバランスを崩したり、身体を痛めたりもしてしまうかも知れません。

一つの筋肉に頼り、常に緊張させている状態でもありますので、やはり負担も大きくなっていきます。

まずは左右で差があることを知ること、そして不得意な方と得意な方の使い方の違い、なぜ違うのかに気付き、修正すること。

そこから正しく身体を動かす感覚を養い、トレーニングを行なっていくことが、成長期の子ども達にはより重要になってくると想います。

筋トレは身体の負担を増やすことでもあります。

一つの動作、バランスを取る為に、ただ単に力一杯ではなくていかに必要最低限の力で行うか。

省エネすることや正しく身体をコントロールする感覚のトレーニングを今後もしっかり行っていこうと想います。


そして、子ども達からのリクエストで股関節、付け根のケアについてマッサージやストレッチ、トレーニング法を確認していきました。

ストレッチポール、テニスボール、ストレッチ、そしてトレーニングの中でもしっかりケアが出来ることをお伝えしました。

股関節、脚の付け根の痛みはバレエを踊る子ども達には頻繁に起こることでもあります。

オーバーワークを除いて、身体の使い方が原因であることがほとんどですが、身体の使い方を修正すると共に、日頃頑張ってくれている身体もお休みさせてあげられるようケアを大切にしていきましょう。


最後は倒立に向けたトレーニング、アプローチ法をお伝えしました。

バレエに限らず、どんな動作でも体重が軽く身体の柔らかい今の時期に経験していくこともまた大切です。

どんな作品でも物怖じせず、振付家と一緒に創作していけるよう身体作りを行なっていきましょう。


プラスαとして、アキレス腱を痛めない為の足首、足先の伸ばし方もお伝えしました。

つま先を伸ばす動作も繰り返し行われることですので、この使い方を覚えていくことは、これからダンサーとして活動していく上で必須になっていきます。

様々な身体の使い方を覚えていくことでまた逃げ道を確保することも大切です。


今後も子ども達の健康と夢の実現に向けて、より良いものをお伝え出来たらと願っています。


Ballet du Ciel

http://balletduciel.com