ワークショップツアー!

東京を離れ、大阪、静岡とワークショップを行って来ました♪


最初はフロアバレエ専門スタジオBASさんにて。

昨年WSを行った際ははジャイロキネシスのみでしたが、今回は「ジャイロキネシス&体幹トレーニング」、「セラバンド&バレエ」の2クラスを担当させて頂きました。

東京で行っている日々のクラスをBASにお越しの方々とシェアすることをテーマに、それぞれに必要なエクササイズ方法や考え方などをお伝えしました。

また、いつもBASさんが提供しているフロアバレエとジャイロキネシスの相違点などについてもお話をしながらクラスを進行しました。

フロアバレエはバレエそのものに効くこと、正確で無駄のない動きを習得することで、踊る際の怪我のリスクを減らすことを、ジャイロキネシスはバレエダンサーのリハビリとして生まれた経緯から、ダンサーを癒すものであることを、そしてその動き自体が踊りであり、バレエであることを確認しました。


個人的にも昨年のコラボレーションWSで受けたフロアバレエの衝撃から、この一年間は「ジャイロキネシスが何をもたらしてくれるのか」について考え続け、実践し続けていたので、一年間の総まとめとも言える今回のワークショップは得るものがとても大きかったです。

何よりもバレエの美しさと健康が同じものであることをお伝え出来ていたらと願っています。


そして、2箇所目は大阪江坂にありますレンタルスタジオアズールさんをお借りして「ジャイロキネシス」、「バレエ&ピルエットクラス」の2クラスを担当させて頂きました。

こちらでも東京でのクラスのアイデアをシェアしながら、ジャイロキネシスにて引き上げについてエクササイズし、可能な限り伸び伸びした後、バレエクラスへ。

バレエクラスでは、凝り固めるバレエではなく、伸びやかで身体に優しいバレエクラスの受け方をメインにお伝えしました。

そして「ピルエット」を全体のテーマとし、どのようにピルエットが作られているのか、どのようにレッスンをし、練習を重ねたら着実に上達をしていけるのかをお伝えしました。


今回どちらのクラスでもお伝えしたものは自力で積み重ね、上達させていく練習方法と考え方です。

誰の力でもなく、自分自身の力で、健康と美しさを手にいれる為のアイデアをお伝えし続けていけたらと願っています。


大阪でのワークショップを終えた後は、すぐに新幹線で移動し、初となる静岡へ!

いつも東京へ来てくださっている方々のホームのスタジオにてクラスを行わせて頂きました。

初めての場所でも、知っている顔があると安心してクラスが出来ますね。


こちらでは「バレエとは何か」、「バレエを上達する為の考え方」等の根本的な部分をお伝えするところから始めました。

特に大人からバレエを始めた方にとって、バレエは「新しいものへのチャレンジ」であり、強い緊張を強いるものでもあります。

バレエの先生も、小さい頃から時間をかけて得た身体の感覚を言葉にし、相手に伝えることはとても難しいものです。

その違いの距離、バレエとの距離を縮めらえるよう、どのようにイメージし、考えていけば良いかについてシェアしました。

バレエがどんなものか、今からトライするもの、日々繰り返されるものが何なのかを整理出来れば、あとは実行に移すだけですので、相当にストレスなく、レッスンに集中することが出来ます。

ただ与えられるだけのクラスではなく、その中に含まれている様々な要素に気付くことで、普段のレッスンがより深く充実したものとなるでしょう。

これはいつもお伝えしていることですが、まだそのような考え、アイデアは広まっていないので、これからも皆さんが不安なく、着実に上達し、よりバレエが好きになってもらえるようシェアしていこうと想っています。


そして、今回も沢山の方にご参加頂けて嬉しかったことに感謝しています。

皆さん本当に熱心にレッスンに挑んでくださり、講師としてとっても嬉しかったです。


次回は4月29日(祝・水)を予定しています。

そして次回は今東京で行っているバレエ講師&ダンサーの為の勉強会、ダンシンで掲載している子どもの為のコンディショニング等のクラスも開催出来たらと想っていますので、どうぞお楽しみに!

詳細は決まり次第お知らせしますので、どうぞご期待ください♪