原宿バレエスタジオPLUS

今日は今月2回目となる原宿バレエスタジオのワークショップ「原宿バレエスタジオPLUS」を開催しました。


最初のクラスは「親子ジュニアバレエクラス」

クラシックバレエを真剣に学ぶ子ども達、そして子ども達を応援する保護者の皆様に、クラシックバレエが求める身体の使い方、身体の負担、そのケア方法とポイントなどをお伝えするクラスを行いました。

一緒にマッサージと足裏のエクササイズを行った後、ターンアウトや引き上げをお互いに身体に触れながら体験して頂きました。

特にケアの部分は、子ども達だけではなかなか毎日行えないので、ぜひ一緒にマッサージやストレッチなどを行ってもらえたらと想っています。

保護者の方が子ども達にとってのトレーナーになれるように、引き続き知識とポイントをお伝えしていきたいと想います。

次回はプリエやタンジュ、ジュテなども行っていきたいと想いますので、ご期待ください♪


そして、次のクラスは「ジャイロキネシス」

今回はセラバンドを使いながら、ジャイロキネシスが求める身体の繋がりと強さについて確認をしながらエクササイズを行いました。

身体をケアする方法として、マッサージやストレッチの他に「ちゃんとエクササイズをする」ということも大切です。

ジャイロキネシス自体がそのようなメソッドですが、全身をしっかり使うと身体のテンションが良い状態に戻っていきます。

自らの筋肉を使うことで、筋肉を休ませるというアクティブセルフ整体とも呼べる方法を体験することで、ポジティブに身体と向き合えることを知って頂けたらと願っています。


そしてそして、毎回好評を頂いてます「体幹トレーニングクラス」

今回も体幹とは?体幹トレーニングを行う意味、バレエに必要なトレーニングについてなど根本の部分をお伝えしつつ、しっかりエクササイズを行っていきました。

どんなトレーニングでもしないよりはした方が良いですが、「バレエ」ということを考えた時には、身体の一部分ではなく、踊りに繋げる為に身体のコーディネーションをしっかり体感して頂けるようトレーニングをお伝えしました。

個人的にいつも大切にしていることは「シンプルに年齢も問わず誰でもいつでも分かりやすく簡単に出来るトレーニングを」です。

 最初は呼吸と体幹のトレーニング。

シンプルな深呼吸を通して、腹筋をどう使っていくかを確認していきました。

次に上半身を繋げるトレーニングを行いました。

最初に行った呼吸に、アームスの為のエクササイズを追加して行いました。

そして、最後は作った上半身の強さに下半身を追加して行うトレーニングです。

上半身が使えることで、脚が軽くなることを体験して頂きました。

どんな素早く大きな脚裁きであっても上半身がしっかり使えるとブレなく動けるということも知って頂けたと想います。

さらに脚の使い方を知ることで、各筋肉が助け合い、トレーニングだけでなく、ストレッチでもあることを体感して頂きました。

エクササイズとしては、ペルヴィックブリッジとピラーブリッジなどのベーシックなエクササイズを行いましたが、トレーニングの軸となる考え方、使い方は「ジャイロキネシス」です。

様々な状況に対して応用が効く本当に面白いメソッドだと想います。


最後は今回の目玉でもあります「ジャイロキネシス&バレエ(セラバンド)」

以前からクラスとして行いたかったセラバンドでのクラス。

これはビックリするほど効果的なエクササイズです。

身体の使い方、筋肉の意識などは個人の内側で感じるもので、それを外に出すこと、シェアすることは困難なことです。

ですが、このセラバンドを使い感覚を視覚化出来ることで、それを表現し、みんなでシェアすることが出来ます。

引き上げやターンアウト、軸やバランス、上半身の使い方やアーム等の基礎部分だけでなく、ピルエットやフェッテ。ジャンプやアレグロなどのテクニックまで、幅広く確実に上達することが出来ます。

本当にビックリするほど効果があるので、もっと精度を高めていきたいと想っています。

通常のクラスでもお伝えしていきますので、どうぞご期待ください。


次回原宿バレエスタジオPLUSは11月9日、16日ですので、そちらもどうぞお楽しみ♪



原宿バレエスタジオPLUS

http://www.hiroki-nakatani.com/studio/11-9-16-原宿バレエスタジオplus-1/