· 

ジュニアバレエプライベートレッスン

ジュニアバレエプライベートレッスンでは普段のお稽古で疑問に想うこと、先生からのアドバイスの解決方法、上達に向けた練習方法やトレーニング方法、レッスンや一つ一つのパにおける身体の使い方や意味なども整理しながら、お一人お一人の状況や環境に合わせレッスンを行っています。

 

普段のレッスンで

「呼吸をして」と言われるけど、どう呼吸したら良いかわからない

「引き上げて」と言われるけど、どう引き上げたら良いかわからない。

その他にも、「もっと開いて」、「お尻締めて」、「肩を下げて」、「脇を締めて」等々、、、。

沢山のアドバイスがありますが、一つ一つのアドバイスを整理し考えていくと、どれも身体の使い方とゴールは一緒だったりします。


普段受講されている先生のアドバイスを子ども達と一緒に考え、整理していくことで、先生が何を求めてそのようなアドバイスをしているのか身体はもちろん、頭でも理解出来ることは、日々のレッスンに多いに役に立つことです。


同じものを見ても人が違えば印象や感想は違います。

「バレエ」というものをどのような角度で距離感でどう眺めるか。

人の数だけそれは変わっていくものだと想いますが、冷静に、正しく真っすぐ見つめることで、漠然とモヤモヤとしたことがスッキリとクリアになっていきます。

そして、様々な角度から眺めた時、初めて自分の好きなバレエとの向き合い方が見つかるのだと想います。


プライベートレッスンの醍醐味は、その時間、講師と1対1で向き合い、考え、その想いを現実にすることだと想います。


一つのゴールに向かって、どのような道のりで向かうか。

険しく厳しい道のりもあれば、のんびりと穏やかな道のりもあるでしょう。

その子にあったゴールへの道のりを一緒に考え、そして一緒にゴールまで歩んでいけたらと願っています。