ポワントクラスについて

原宿バレエスタジオでは台典江先生にポワントクラスの担当をお願いをしています。

女性講師にクラスをお願いをしている理由は、クラシックバレエを伝える上で、男性講師だけでは絶対に分からない細やかなことがあるからです。

 

女性ダンサーのポールドゥブラや佇まい、音取りなどはもちろんですが、特にポワントワークは長年舞台で踊るダンサーに伝えて頂かないと男性だけではお伝えするのは無理な範囲です。

例えば、女性が一人で踊るヴァリエーションでのポワントの立ち位置、男性と二人で踊るパドドゥでの立ち位置は違います。

基本的に男性ダンサーから習うポワントの位置はパドドゥでのバランスの位置の為、一人で踊る時とは異なる場所になってしまいます。

ほんの少しでも重心の位置、ポワントの立ち位置が変わってしまうと、使う筋肉や感覚は全く別のものになってしまいます。

そういったことはポワントを履いて踊ったことのない多くの男性ダンサーは知りません。

ピルエットなども男性のピルエットと女性のピルエットではポワントを基準に考えた場合の入り方、アームスなども異なります。

 

ほとんどの男性ダンサーはポワントシューズの中で足をどう使っているかを知りません。

チュチュを着て、ポワントを履いて、その上で引き上げながら一回の舞台で何曲も踊るという経験を長年している女性ダンサーの凄さ。

いくら知識を詰め込んでも、バレエシューズだけで舞台に立っている男性ダンサーだけでは分かり得ない体験と経験がそこにはあります。

ですので、こう書いてしまうと元も子もなくなってしまいますが、やはり女性のレッスンは最終的には女性の先生に担当して頂くのが最良です。

 

ポワントシューズの履き方から、どうやって立てるようになったか。

どのようなレッスンを受け、アドバイスをされ、トレーニングや自主練を経て、今に至るのか。

センターで踊る以前の、バーで何かをする以前のポワントの基礎について。

台先生はそういった点を細かくしつこくじっくりと丁寧に伝えてくれますので、深く信頼を寄せている講師の方です。

 

何事もバランスが大切だと考えていますので、男性でも伝えられること、伝えられないこともありますので、女性の講師の方にも見て頂くことでお一人お一人のバレエの質を高めることが出来たらと願っています。

 

個人的には大人からバレエを始め、バレエ団で見聞きし、経験した様々なことと、トレーナーとして活動する中で何百人とプライベートトレーニングをご一緒させて頂き得た知識と経験を合わせ、バレエというものを様々な角度で検証していくことで、頭の中と身体を整理し、するべきことを明確にしていく作業をレッスンでは一緒にしていけたらと想っています。

 

怪我をすることなく、着実な上達と、そこで得た基礎的な身体の使い方の先にある自由を感じて頂けるように。

原宿バレエスタジオでは皆さんとのお時間を楽しみにお待ちしております。

 

 

 

そんな台先生によるポワントクラスがチャコット横浜スタジオにて特別講座として開催されますので、ぜひぜひご参加くださいね♪

チャコット横浜スタジオ

9月 毎週金曜日開講!台典江先生による『特訓!ポワント入門 ~ベーシックテクニックを見直す~』

http://www.chacott-jp.com/j/studio/yokohama/class/lesson4871