日曜日ジュニアバレエクラス&スペシャルレッスン♪

日曜日はジュニアバレエクラス、そして原宿バレエスタジオから新宿へ移動し、芸能花伝舎にて『秋のバレエスペシャルレッスン』と題し、いつもより大きなスタジオでクラスを行いました。

 

ジュニアバレエクラスでは、セラバンドを使った足指を綺麗に伸ばし足裏を強くしていくエクササイズ方法と、ジュニアバレエクラス初のジャイロキネシスを行い、その後バレエ、ポワントレッスンを行いました。

足指、足裏がしっかり使えることは、バランスが良くなることはもちろんですが、余計な筋肉の緊張を緩和し、特に膝の障害に対する予防にもなります。

早い時期からしっかりとした身体の使い方を知って頂き、お子様自身で行えるようお伝えすることも原宿バレエスタジオジュニアバレエクラスのテーマですので、今後も引き続きエクササイズしていこうと想います。

 

その後のバレエクラスはいつもポワントクラスを担当してくださっています台典江先生がメイン講師を担当、中谷はアシスタントとしてプライベートレッスンと同じように細かく身体の感覚をお伝えしています。

ポワントクラスに出られたことのある方はご存知ですが、僕に負け時劣らず台先生も伝えたいと想うポイントが細かいのでバレエの基礎や引き上げ、足裏、内もも、アームス、ポールドゥブラなど、バレエに求められる身体の使い方をマスターするのにとっても良いクラスだと想います。

 

ポワントレッスンも「ポワントで立つ」そのものを一から教えてくださるので、もう既にポワントシューズを履いているけど見よう見まねで基礎を習えなかったお子様やポワントシューズが初めての方、これから履きたいと望んでいるお子様のレッスンとして非常に良い内容のレッスンです。

バレエクラスに引き続き、中谷がアダージョクラスのようにサポートしていきますので、身体の負担をより少なく、早く引き上げや身体の正しい使い方を覚えていけることと想います。

 

少人数、講師2人という濃い環境の中で、自分自身としっかり向き合い、より強く、より楽しくバレエが上達していくことを願っています。

 

 

そして、午後からは原宿から新宿へ移動し、原宿バレエスタジオとして初の特別クラスを行いました。

いつもよりも数倍も広いお稽古場でのレッスンは、単純にテンションも上がりますが、いつもと違う環境で空間と自分自身、そして見慣れない鏡と向き合うことで、よりハッキリと良い部分、足りない部分を知ることが出来ます。

僕自身、ダンサーとして所属をしていました東京バレエ団でのあの広い広いお稽古場から頂いた経験がとっても大きいので、少しでも同様なお時間を過ごして頂きたいと願い企画しました。

初めて東京バレエ団でレッスンしたあの感覚が皆さんとシェアすることが出来たら嬉しいです♪

クラスは、中谷がジャイロキネシス&バーレッスン、レッスン後のストレッチ&ジャイロキネシスを、台典江先生がセンターレッスン、ポワントクラスを担当しました。

皆さんの努力以外何ものでもないのですが、それでも見続けていく中でハッキリと上達が見えてとっても嬉しかったです。

3ヶ月に一度くのペースでこのような企画をしていこうと想いますので、今回参加出来なかった方もぜひまたお気軽にご参加ください。

講師としても場所を変えて、各曜日別れてレッスンしている皆さんが同じ場所に集まりレッスンすることで、新しく気付くことも多くありましたので、また通常のレッスンの中でお伝えしていこうと想っています。

 

こうして皆さんと出逢い、お時間を共有し、さらにお互いに大好きなバレエをより深めていけることを心から感謝しています。

これからも益々一生懸命、でものんびり穏やかにレッスンしていきますので、引き続きどうぞよろしくお願い致します。

 

本当に本当にありがとうございました。